漫画叙情詩・創る想い<lyric-poetry>

人生はかくも短きかな 漫画家に憧れた青年は まるで走馬燈のような時空を経、気がつけばはや白髪さえまじる。 時はだまって過ぎ往く。 .ここに四半世紀をつないで 漫画を世に送ります.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

幸多かれと (後編)

sac42.jpg
sac43.jpg
sac44a.jpg
sac45.jpg
sac46.jpg
sac47.jpg
sac48.jpg
sac49.jpg
sac50.jpg
sac51.jpg
sac52.jpg
sac53.jpg
sac54.jpg
sac55.jpg
sac56.jpg
sac57.jpg
sac58.jpg
sac59.jpg
sac60.jpg
sac61.jpg
sac62.jpg
sac63.jpg
sac64.jpg
sac65.jpg
sac66.jpg
sac67.jpg
sac68.jpg
sac69.jpg
sac70.jpg
sac71_20080925203201.jpg
sac72.jpg
sac73.jpg
sac74.jpg
sac75.jpg
sac76.jpg
sac77.jpg
sac78.jpg
sac79.jpg
sac80.jpg
sac81.jpg
sac82.jpg
sac83.jpg
sac84.jpg
sac85.jpg
sac86.jpg
sac87.jpg
sac88.jpg
sac89.jpg
sac90.jpg
sac91.jpg
sac92.jpg
sac93.jpg
sac94b.jpg


スポンサーサイト


  1. 2011/09/24(土) 21:14:13|
  2. 幸多かれと(後編)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

幸多かれと (前編) | ホーム | 故郷にて

コメント

ロビンさんさっそくコメントいただいて有難うございます。

「実家に帰省してきたような、ほっこりした気持ち」と言っていただいて、これ以上の賛辞はありません。私は瀬戸内海の穏やかでのどかな光のある風景に身を置くことが、何よりも自分自身の癒しになります。この作品を読んでいただいて、少しでもその風景と気持ちが伝われば、最高の幸せです。この作品を描いて良かったとあらためて思いました。コメントありがとうございました。
  1. 2009/03/21(土) 23:04:02 |
  2. URL |
  3. 守屋 圭吾 #- |
  4. 編集

こんばんは(●^∪^●)ノ

守屋さん、こんばんは。
コメントいただきましたロビンです。
ご連絡ありがとうございます。
さっそく遊びに来てしまいました(^3^)
この『幸多かれと』を読んで(観て)いたら、実家で暮らしていた子供時代を思い出しました。
私の実家は島ではありませんが、ここと似たような環境なんです。
日々の仕事や都会の速度に追われて気持ちが荒みがちですが、こういう心のよりどころがあるとスッと力を抜いて、またがんばることができるようになります。
実家に帰省できたような、ほっこりした気持ちになれました。
素敵なお話をありがとうございます( ´▽`)
Robin62
  1. 2009/03/21(土) 21:56:22 |
  2. URL |
  3. ロビン #Z3xSK9C. |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokicomic.blog59.fc2.com/tb.php/5-e564e8a2

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。