漫画叙情詩・創る想い<lyric-poetry>

人生はかくも短きかな 漫画家に憧れた青年は まるで走馬燈のような時空を経、気がつけばはや白髪さえまじる。 時はだまって過ぎ往く。 .ここに四半世紀をつないで 漫画を世に送ります.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

色を感じた瞬間! ・・・  楠勝平作品 「茎」

「茎」と言う作品は、前編と後編とに分かれた52ページという比較的長い作品である。そのラスト3ページをピックアップしました。

茎1茎2茎3

私は初めてこの作品を読んだ時、ラストページの反物に鮮やかな色を感じて「ハッ」としました。モノクロ漫画で鮮やかな色彩を感じたのは、後にも先にも楠さんのこの場面以外記憶にありません。

楠さんの作品はいずれも短編です。それだけにどの作品もラストページに思いを込めています。読み終えた直後の印象が、短編では作品成功の成否です。同じ楠作品の「名刀」や「いざかや」のラストの小気味良い切れ味に似てなくもありませんが、それ以上に味わい深いものとなっています。そしてなんといっても、色彩を感じさせることに成功した唯一の作品ではないでしょうか。

ラストシーンでは「あしたのジョー」がピント来ますが、あれは大長編のラストです。私はこの「茎」のラストに、他の漫画家が成し得なかった、楠さんの「仕事の足跡」として驚きと感謝の気持ちを持っております。



スポンサーサイト


  1. 2009/03/03(火) 20:13:51|
  2. monologue(文章)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

漫画考 | ホーム | 楠勝平さんに宛てた永島慎二さんの追悼文

コメント

人の一生は、その時その時を味わいつつ過ごして行きたいものです。

仕事は仕事で今まで本当に気ままに自由にやらせてもらって本当に楽しいものでした。これからもそうなれればと思っています。漫画の方も、描けば自分の分身をこの世に生み出すような気がします。まだまだやり残している気がしますので、時間の許す限り一つ一つを大切に生み出して行きたいと思います。
  1. 2009/03/21(土) 22:42:38 |
  2. URL |
  3. 守屋 圭吾 #- |
  4. 編集

びっくり

500院ぐらいありますね。
びっくりしました。十三*37ページ
でも、そういう会社に勤めておられたということでしょうか。

個人でこのお仕事をするとしても、どういう風に収入に結びつくんでしょうか。
  1. 2009/03/21(土) 21:13:47 |
  2. URL |
  3. まーくん #- |
  4. 編集

個人事業につきまして

これはわたしもう一つの顔です。守屋圭吾で検索してもらえば良くわかると思います。
私は美術の専門学校に通っていましたが、それでは食べていけないと思い27年間のサラリーマン生活を送ってきました。ただサラリーマンと言っても本当になんにも束縛もされず自由気ままにやらしてもらい、感謝しております。
  1. 2009/03/19(木) 23:48:37 |
  2. URL |
  3. 守屋 圭吾 #- |
  4. 編集

>田舎での個人事業
とありますが、どんなお仕事でしょうか。
  1. 2009/03/19(木) 22:12:10 |
  2. URL |
  3. まーくん #- |
  4. 編集

お返事送れてすみません。役場で空き家を斡旋との事です

空き家斡旋そのものは良いことだと思います。ただし年金暮らしの方以外は、職探しの問題がありますが、そのあたりはどうなんでしょうか。
  1. 2009/03/19(木) 06:06:41 |
  2. URL |
  3. 守屋 圭吾 #- |
  4. 編集

お返事遅れましたすみません

私事ながら、サラリーマンを辞めて、田舎での個人事業をしようと右も左もわからず「また漫画が描きたい」と思いつつ余裕なき日々を過ごしております・・・・かしこ

楠さんの作品は、上手とか、線がきれい、ストーリーがどうとかいったものとは別に、生きる事や漫画への思い入れを感じます。このような漫画は少ないようです。もちろん本当に良い作品を描かれていますので、これから漫画家を目ざそうとする人に、メッセージを感じ取って欲しいと思っています。そのためにも楠作品はもう少し目に触れる場所へ出る必要があります。


  1. 2009/03/19(木) 05:55:59 |
  2. URL |
  3. 守屋 圭吾 #- |
  4. 編集

役場で空き家を斡旋

広島の南の島「大崎上島」に大阪のリーマンが定年移住したTVをやっていました。
「大崎上島」の町役場で、UJIターンの人たちを取り組む活動が、行われているとのこと。役場で空き家を斡旋しているそうです。
keigoさんはどう思われますか。
  1. 2009/03/16(月) 22:21:34 |
  2. URL |
  3. 灰色ねずみ #- |
  4. 編集

>楠さんと楠さんのファンの皆様お許しください。
楠さんのことを取り上げてくれるのは、もはやkeigoさんしかいませんので、今後ともアップして欲しいです。一部でもいいです。
  1. 2009/03/15(日) 19:23:27 |
  2. URL |
  3. いかくん #- |
  4. 編集

じつは私事ながら、これからの我が人生に似ている点があるようです

来月、30年近く勤めたサラリーマン生活を辞め、田舎の両親と共に住み、個人事業をする予定にしています。私の場合サラリーマン生活を続けた方が、何不自由なく漫画が描けたと思います。     
スーパーの値引き商品を買うのにつきましては、常識のように思いますが。あえて買わない人種が居るのでしょうか?現在の日本人の胃袋は世界的にみて、特に過敏で軟弱だと何かの本に書いておりました。
  1. 2009/03/13(金) 17:05:48 |
  2. URL |
  3. 守屋 圭吾 #- |
  4. 編集

親の家にパラサイト







yesさんのところと重複しますが、keigoさんのご意見はいかがでしょうか。

うちは、夕食の献立というものは、考えません。
スーパーに行って、「半額」のワッペンが張ってある商品をつかんで帰ります。それが献立です。
これで2-3日分もちます。
牛乳でさえ、「50円引き」のワッペンが貼ってないと、手にしません。そんな生活を20年続けていますが、食べ物で当たったことは、一度もありません。
この結果、毎週15千円、月の食費は6万円程です。これに光熱費等4万円、諸雑費2万円で月12万円が生活費です。年間150万円で足ります。
車のガソリン10万円。たまに買う家電製品20万円とあわせても年間200万円で足ります。
だから、かなりの不況にも耐えられます。

若者がバイト人生でもいいや、と思うベースには、少子化で親の家にパラサイトしているものが、結構いることも背景にあるのではないでしょうか。

とくに娘達。親が年間、年金を300万円もらっている家庭の若者は、この親の年金頼りで生きている人もいるのではないでしょうか。親が90歳まで生きると、自分は65-70歳までパラサイトできるわけです。

両親が死んだら、その家を3千万円で売り飛ばして田舎に引っ込めば、まだ20年ぐらい生きられますから。
人生まっとうできます。

後20年たてば、田舎の一軒家なんか1万円の家賃で借りられるでしょう。

栃木の田舎で過疎の村なんか、家の住み手がいなくなってしまうので、役所で放棄家をタダで斡旋する事業があるそうです。家をタダでくれるのです。相続人が固定資産税を払いたくないので。

そんな田舎は、裏山に山菜、海や川にお魚。近所の話し相手になってあげれば、きうりやねぎもかぼちゃなども、もらえるみたいです。

日本交通に定年まで勤めた人(運転手)の実際の年金は67歳で300万円でした。

だから、親が2流以上の会社員なら、、パラサイトして一生好きなマンガを描いて送ることも出来ます。


  1. 2009/03/12(木) 22:45:51 |
  2. URL |
  3. あんのん #- |
  4. 編集

コメントありがとうございます

全体のストーリー抜きにラストの3ページだけを載せましたので、たしかにこれだけ見ると不思議な印象なのでしょうか。こういう形で出すと、かえって楠さんの作品を駄目にするかもしれませんね。楠さんと楠さんのファンの皆様お許しください。
  1. 2009/03/07(土) 06:07:45 |
  2. URL |
  3. 守屋 圭吾 #- |
  4. 編集

なるほど、不思議なエンディングですね。
女性の顔もきりっとした感じで。
  1. 2009/03/07(土) 03:23:21 |
  2. URL |
  3. まーくん #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokicomic.blog59.fc2.com/tb.php/17-4d9c0c33

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。